ヘルニアの治療は神経内科に任せる~1日も早く痛みを解消しよう~

病院

めまいを主症状とする病気

観葉植物

めまいや難聴が主症状です

メニエール病は耳の内部に起こる病気です。主な症状としては、めまいを繰り返すことにあります。その症状に耳の聴こえづらさや耳鳴りなどを併発している場合にメニエール病を疑います。基本的にメニエール病は片方の耳だけに起こる病気ですがまれに両耳に症状が起こるという場合もあります。この病気が発生する原因についてですが、内耳を満たす内リンパ液がなんらかの原因によって過剰になることで内リンパ水腫となります。内リンパ水腫になることでめまいなどの症状が発生します。ただどうして内リンパ水腫になるかについてはまだはっきりとしたことは分かっていません。ただ、発展途上国においてはこの病気にかかる割合は少なめで先進国に多く見られるということが分かっています。そのため、強いストレスが関係すると考えられています。

主に薬物療法を行います

メニエール病にかかった場合の治療方法としては、主に薬物治療が中心となります。基本的にはめまいを軽減するための薬を投与したり、内リンパ水腫を軽減する薬を投与することで対処していきます。ただ、メニエール病は難病指定になっている病気のため一度かかってしまうとなかなか治りづらいことを特色とします。ですので、薬によってある程度軽減することはできますが完全に治療できる方法は現時点では確立されていないのが実情です。また、難病の進行については薬では防げないこともあることを留意しておく必要があります。難病の進行が早くなってしまうケースも存在しますので、手術を行うことで治療することもあります。めまいが起こったときには基本的に安静状態にしておくと数時間ほどで収まります。ただしメニエール病以外の病気が隠れている場合もあるため医師の診察を速やかに受けることは必須です。

Copyright© 2016 ヘルニアの治療は神経内科に任せる~1日も早く痛みを解消しよう~ All Rights Reserved.