ヘルニアの治療は神経内科に任せる~1日も早く痛みを解消しよう~

病院

突然起こる発作が特徴

医者

メニエール病の原因は内リンパ水腫であると言われています。しかし、その内リンパ水腫の原因については分かっていないことが多く、治療は対処療法が主なものとなります。場合によっては、手術が行われることもあります。

この記事を読む

めまいを主症状とする病気

観葉植物

メニエール病は通常は片耳にのみ起こるめまいに難聴や耳鳴りなどの症状を伴う病気です。先進国に多い傾向があるため、強いストレスが関係すると考えられています。治療方法としては薬物療法が中心ですが、難病指定されている病気でもあり完全に治すことは困難な場合もあります。難聴の進行に応じて手術することもあります。

この記事を読む

薬物療法と手術療法

女性

薬物療法は神経内科です

腰椎椎間板ヘルニアは、中高年に発生することが多いので、高齢化社会では問題になり易くなります。その腰椎椎間板ヘルニアの症状は、大腿部や下腿部などの下肢のシビレや痛みが特徴です。そのため中高年で、下肢のシビレや痛みが発生すると、腰椎椎間板ヘルニアに注意する必要があります。治療の方法としては、保存療法を行うことが、原則になっています。なかでも増加しているのが、薬物療法を行うことです。これまでの腰椎椎間板ヘルニアに対する薬物療法は、非ステロイド性消炎鎮痛剤が中心でした。しかし、神経の症状を緩和する薬剤が、開発されたことで、薬物療法の範囲が広まるようになりました。そうした神経の症状を緩和する薬剤の取り扱いを、得意にしているのが、神経内科になります。したがって、腰椎椎間板ヘルニアの保存療法では、神経内科を選択すると良いのです。

手術療法は整形外科です

こうした腰椎椎間板ヘルニアでは、下肢のシビレや痛み以外にも、重視すべき症状があります。とくに重視すべきなのが、手術療法を選択すべきような、症状が出現するときです。腰椎椎間板ヘルニアの手術療法の選択基準は、相対的なものと、絶対的なものの2つが存在します。そのうち相対的なものとは、痛みやシビレが強くて耐えられないときや、スポーツ復帰を急ぐときです。そのため相対的なものは、かなり幅がありますし、手術を選択しなくても良いケースもあります。これに対して絶対的なものは、選択の余地がほとんどありません。具体的には、膀胱直腸障害や下肢の麻痺を起こす場合には、手術療法の絶対的適応になります。したがって、膀胱直腸障害や下肢の麻痺を起こしていると、整形外科を選択すると良いのです。

椎間板ヘルニアの治療

女性

ヘルニア治療の専門クリニックには、ヘルニア手術の名医が在籍しており、内視鏡治療やレーザー治療で椎間板ヘルニアを治すことができる。最近はメスを使わないヘルニア手術が増えており、今後は内視鏡治療やレーザー治療が主流になると予測される。

この記事を読む

Copyright© 2016 ヘルニアの治療は神経内科に任せる~1日も早く痛みを解消しよう~ All Rights Reserved.